プロフィール

やみぃ

Author:やみぃ
ギラティナ中心に、主に伝説ポケモンを愛でていきたい・・・と思っていたら、なぜかデデデ大王が増えていってます。

夢番地 1100-2156-0347

最新記事
カウンター
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
一応、念のためはりつけておきます。 私は自分の作品の無断転載と無断トレース展示は許可しておりません。 Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved. 무단전재・전사금지
最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カロス観光日記その5

今日ものんびりカロスを巡ってます。
ポケパルレやスパトレなどにはまっていて、
なかなか進みません。

そして追記から、ネタバレしかない観光日記です。













・さて、14番道路。ブランコや滑り台のある公園と思いきや、
 その奥は湿っぽい沼のある森。
 みんなでそこにある「怖い家」に行くことになったけど、
 お隣さんはバトルした後、それには興味がないようで、
 そそくさと去って行ったので、残ったメンバーで怖い家に入った。
 そこで、怪談話を聞かされて、拝聴料を払うことになったというわけわからんことに。

・沼からまたもマッギョが登場。 ・・・・薄っ!!

・クノエシティ。ヨーロッパ的な秋の風情の不思議な街。
 食べたら巨大化しそうなキノコがそこかしこに生えている。
 そして、ひときわキノコがいっぱい生えた大木が、クノエのポケモンジムだった。

・大木の中は、ドールハウス風のメルヘンなジム。
 今回、新しく追加されたフェアリータイプのジムだった。
 ここのトレーナーはなんかエセっぽい和服のようなものを着ている。
 ジムリーダーに至っては、何かの舞台衣装みたいになっていた。
 しゃべり方は、なんだかエンジュっぽいなまりだけど、
 エンジュの出身ではなさそうな気もする。
 
 ※エンジュ…金銀およびHGSSで登場するエンジュシティのこと。
       京都がモデル。舞妓はんもいる。


 フシデから育てたペンドラーがいるので、さくっと撃破。
 学習装置の仕様変更のおかげでこっちの方がはるかに
 レベルが高くなっているのもあるけど。

・ジムバッジをゲットすると、友達がやってきて、
 北側にあるボール工場を見学することになった。
 しかし、そこはすでにフレア団に占拠されてて、
 見張りのフレア団にサナやティエルノが追いかけられているすきを狙って、
 残ったお隣さんと一緒にボール工場に潜入。

・フレア団を倒しながら、ベルトコンベアに乗って進んでいく。
 2Fの部屋に入ると、ボール工場の社長がフレア団幹部に脅迫されていた。
 お隣さんと一緒に、フレア団の幹部を倒すと、
 社長がマスターボールかでかいきんのたま、どちらか選べと言ってきたので、
 もちろんマスターボールを選んだら、結局お礼のお礼ということで、
 でかいきんのたまもくれた。結局両方くれるんかい!と。

・事件も解決したので、次は15番道路。秋の風情がとっても素敵。
 曲もかっこいい。
 鍵みたいなポケモンとか、ハロウィンのかぼちゃみたいなポケモンがいた。
 かわいい。

・ゲートを抜けるとそこは雪国だった。
 風車がそびえたつ雪の町、フウジョタウン。
 今回、ミアレシティ以外は、街の規模はほぼ大差ない気がする。
 タウンなので、この街にはジムはない。

・では、次の街へ・・・と思ったら、17番道路は雪が深すぎて、
 マンムーでしか渡れない。
 しかし、マンムーは町の北にあるフロストケイブなる場所が気になっている模様。
 町の人たちは、このマンムーをマンムーさんと呼んでいる。
 かわいい。

・フロストケイブはシリーズおなじみの氷の山ダンジョン。
 つつーっと滑って岩か壁にぶつからないと止まらない氷の床がある。
 寒いフロアなので、クノエシティのブティックで買ったコートを着込んで挑む。
 今作のいいところは、主人公の服装を変えられるようになったので、
 DPのように、寒い雪山をミニスカノースリーブで歩かなくてもよくなったこと。
 正直、あれは見た目にきつかった。
 
・フロストケイブの奥にフレア団とユキノオーがいた。
 ユキノオーのエネルギーを使って悪いことをしようとしているようなので、
 さくっと倒してこれを阻止。
 ユキノオーはお礼に「ユキノオーナイト」をくれた。

・フレア団が去ったので、雪が降り積もっていたフウジョタウンの雪が解けた。
 町に降る雪はフレア団につかまったユキノオーが、
 自身の特性を発動させていたものらしい。
 17番道路のマンムーさんはユキノオーと友達なので、彼が気にかかっていたらしい。

・マンムーさんの心配事がなくなったので、マンムーさんに乗って、
 雪がもんのすごく積もった17番道路をいく。
 あまりにも積もりすぎて、マンムーさんに乗った自分の姿すら見えない。
 マンムーさんに踏んづけられて驚いたポケモンがとびだしてくることも。
 
・その先は、7つ目のジムがあるヒャッコクシティ。そろそろ、クライマックスの予感。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。